トップ

妊娠時下肢静脈瘤予防

妊娠して下肢静脈瘤に

妊娠で下肢静脈瘤になる

妊娠中に足のむくみに悩まされる妊婦さんは多いのではないでしょうか。実はそのむくみ、下肢静脈瘤の症状かもしれません。下肢静脈瘤は男性よりも女性に発症しやすいと言われています。そして、妊娠中は特に下肢静脈瘤ができやすくなります。下肢静脈瘤で病院に行く。

静脈は血液を心臓に戻す働きをする血管です。妊娠中は体を流れる血液の総量が増えますし、子宮が大きくなるにつれて、体の中心を流れる最も太い静脈を圧迫するようになります。そうすると、静脈中で血液の逆流を防いでいる静脈弁がうまく働かなくなり、血液の流れが滞ったり、血液が逆流したりして、血管の中にどんどん血液が溜まっていってしまうようになります。これが下肢静脈瘤です。

さらに、妊娠中は黄体ホルモンの分泌が増加します。この黄体ホルモンは血管を柔らかくしてくれる働きがある一方で、静脈弁の働きも低下させてしまいます。これらの要因が重なって、下肢静脈瘤を発症してしまうのです。妊娠中に下肢静脈瘤になる人が多いと言われているのはこのためです。

妊娠中の下肢静脈瘤を予防するには、妊娠前から下半身の筋力をつけておくことや、着圧ソックスや弾性ストッキングを履くこと、マッサージをすることなどが効果的です。親族に下肢静脈瘤の方がいらっしゃる場合は、遺伝的に下肢静脈瘤になりやすい体質ですから、特に注意が必要です。

また、肥満や便秘気味の方、立ち仕事の方、喫煙の習慣がある方も下肢静脈瘤になりやすい危険要素がありますから、前もってセルフケアを心がけるようにしましょう。妊娠中にできた下肢静脈瘤は、産後は自然に回復することがほとんどです。出産後数ヶ月経っても回復しないようであれば、医師に相談するようにしましょう。